がん検診で早期発見を

バナー

がん検診で早期発見を

疾病の中でも特に早期発見が大切ながんですが、自分自身に病が襲いかかるとは普段想像ができない分、症状がなくても定期的にがん検診を受けることが重要となります。通常企業等で行う健康診断とは違い、特定の疾病に対して実施するものを検診と呼びます。

検診では、特定の疾病に対してそれに見合った検査方法で実施をします。

がん検診も、胃ガン検診であればX線検査、乳ガン検診であればマンモグラフィーなど疾病ごとに検査方法が異なっています。



がん検診は一次検診、精密検査(二次検診)、がん確定診断、治療という流れで進んでいきます。

がん検診とHBs抗体といえば人気沸騰中のこちらがオススメです。

一次検診はスクリーニングとも呼ばれており、健康な人とがんの疑いのある人を振り分けるために行います。


このスクリーニングで問題があると判断された場合には精密検査や確定検診へとすすみ、必要に応じた治療計画を行うこととなります。

がん検診を受けるタイミングとしては一定の年齢になると市町村から検診の案内が来る対応型検診と、人間ドックなどを任意に受診する任意型検診があります。



対応型検診は住民検診とも呼ばれ、低料金にて検診が受けられる公共サービスになります。
それだけではなく、検診対象となる年齢は罹患率が高い年齢をターゲットにしているため、住民票台帳からもれなく通知がきますので、普段意識しない方でも検診を受けるきっかけとなります。


任意型検診では、家族歴などの罹患リスクの高い人にとっては大切な検診といえます。
症状がでる前に、検診を受ける機会は有効に活用していきましょう。